世界大会JCG予選の振り返りと今後について

はじめに

本ブログを前からご覧頂いている皆さんお久しぶりです。

今回はシャドウバース(以下シャドバ)についての記事となっております。

これまでデュエル・マスターズについて書いていたのですが、今回からシャドバについても書いていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

改めましてみなさんこんにちは、はやてと申します。

このブログでは、11月26日に行われたRAGE Shadowverse World Grand Prix JCG予選大会(以下JCG予選)について書いていきます。

プログラムは以下の通りです。

1.RAGEの反省

2.反省からみるデッキ選択

3.大会の振り返り

4.今後について

 

 

 

 

1.RAGEの反省

まず、今大会の調整で一番活用した材料は11月18~19日に開催されたRAGE西日本予選の結果です。

この大会は私自身も参加したので、自分の肌で感じたものをそのまま活用することができました。

しかしRAGEの結果は1-3と揮わず、そこから得られるデータもあまり有意義なものとは言えませんでした。(RAGEの具体的な結果を書くと長くなってしまうのでここでは割愛させていただきます。)

ですが、現地で知り合った方や、他の参加された方の結果と照らし合わせてみて分かったことがありました。

それは、予想をはるかに超えるミッドレンジの多さです。

私は、アグロや超越が蔓延っているのではと考えていたため、デッキを全体的に若干前に寄せていました。

それゆえに、デッキを中盤~後半に寄せたミッドレンジに飲み込まれてしまいました。

ファイナリストとなったお二人のデッキもミッドレンジと十分戦っていける構築だったと思います。

そこで、この情報をもとにJCG予選でのデッキ選択条件は、

・ミッドレンジに対して5~7割は取れる構築

・ミッドレンジキラーでありファイナリストの方も使用されていた超越に対して強く出れる構築

にしようと考えました。

 

 

 

2.反省から見るデッキ選択

大会の抽選はなんとか第一志望の11月26日午後に当選しました。

デッキ選択の期間はなんとたったの3日と短かったため、すぐさま1で考えた2つの条件に当てはまる構築を探し始めました。

 

1日目

とりあえず超越に対して強く出れる、アグロから触っていくことに。

まず最初に試したのが土アグロ。しかし、ハンドの枯渇が激しく、少しでも盤面に不利が付いたときに返しずらかったので、このデッキタイプは握らないことにしました。

そして、同じアグロデッキであるアグロヴァンプも、ミッドレンジに対してあまり強いデッキと思えず断念。

最後にアグロエルフを試してみました。すると、このデッキがミッドレンジに対してある程度戦えたため、アグロを握るならこれにしようと思いました。

 

2日目

1日目に触ったアグロエルフをさらに回していきました。

ミッドレンジに対して5割以上取れるポテンシャルを確認でき、超越に対してももちろん有利がつきました。そのため、1デッキ目はアグロエルフに決定。

もう一つのデッキを探し始めましたが、やはり明確にミッドレンジに有利がつく超越が候補に挙がりました。

そこで友達と、アグロエルフと超越の構築を一枚目から時間をかけて審査することに。

この日、デッキの78枚が確定しました。

 

3日目(デッキ最終決定日)

残りの2枚をじっくり考え、とうとう持っていく80枚が決定。

早速、友達と対戦を開始。時間の関係上対戦数が少なかったのですが、BO3対戦で約80%の勝率を確認できたため、満を持してデッキを登録。

決定した構築はこちらです。

f:id:haya-mf06:20171126205224j:plain

f:id:haya-mf06:20171126205235j:plain

悩んだ最後の2枚はコールチェインと蓄積の枚数です。

 

 

3.大会の振り返り

寝坊リーサルを弟がなんとか助けてくれて無事大会出場(弟ありがとう!)

対面忘れてしまったところが少しありますが対戦の結果は以下の通りです。

 

 

1回戦vsネクロヴァンプ 2-1

超越がヴァンプに一敗したり、トラブルで最終戦やり直しになったりと大変だったが、なんとか勝利

 

2回戦vsドラゴンウィッチ? 2-0

難なく勝利

特に難しい場面もなく、安定して勝てた

 

3回戦vsエルフ?ウィッチ 2-0

最初の1戦目で土アグロであることが判明

2戦目も連投してきたが、なんとか勝利

準決勝へ進出決定

 

準決勝vsドラゴンエルフ? 2-0

この対面も2-0で勝利

ここで勝利したことで決勝戦進出

 

決勝vsドラゴンビショップ 0-2

この対面は自分が調整していて一番嫌いなマッチアップ

レートで1度だけ当たったが、どうしても勝ちきれなかった

しかし、前日のレートでのビショップの使用率は200%中7%で、デッキ最終決定日は4%しかいなかったため、完全にアウト・オブ・眼中だった

そして惜しくも決勝で敗退

 

こうして私のJCG予選は幕を閉じました。

 

 

 

4.今後について

まだ悔しさが残っていますが、終わったことは仕方ないので今後のことについて考えていきます。

今取り組もうとしているのは、学校の定期テストへ向けての勉強。

来年の受験もあるのでがんばります。

シャドバでは、JCG優勝などのまだ達成できていないことが残っているので少しずつクリアしていきたいです。

そして、時間があればドラクエライバルズなどもプレイしていきたいです。

デュエル・マスターズについては、本格的に復帰するのは高校を卒業してからになりそうです。

勉強とカードゲームの両立を目指して活動していきます。

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今回のJCG予選、そして西RAGEの出場にあたって応援していただいた方々、一緒に夜遅くまで調整していただいた方々、深謝申し上げます。

ご質問やコメントなどありましたらお気軽にどうぞ!